ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 中央保健センター > ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンについて

本文

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンについて

記事ID:0018122 印刷ページ表示

ヒトパピローマウイルス感染症とは

 ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。
 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンを接種することで、子宮頸がんの原因の多くを占めるHPV16型とHPV18型の感染を防ぐことができます。ただし、ワクチンの接種により完全に子宮頸がんの発症を予防できるわけではないので、ワクチン接種に加え、早期発見のために子宮頸がん検診を定期的に受診することが重要です。

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの個別勧奨の再開について

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの予防接種は、平成25年4月から定期接種になりました。その後、平成25年6月14日付の厚生労働省通知により、積極的な勧奨を差し控えていましたが、令和3年11月26日付の厚生労働省通知で、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの個別勧奨が再開されることになりました。

定期接種について

対象者

 小学校6年生から高校1年生に相当する年齢の女子    【標準的な接種年齢:中学1年生相当年齢】

接種費用

 無料

接種方法

 医療機関に予約

持って行くもの

 母子健康手帳、健康保険証等、予診票、接種券

キャッチアップ接種について

 積極的な勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した方に公平な接種機会を確保するため、従来の定期予防接種の対象年齢を超えてヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を受けることができます。

キャッチアップ接種の対象者 

 【令和4年度】平成9年4月2日から平成18年4月1日までの間に生まれた女子
 【令和5年度】平成9年4月2日から平成19年4月1日までの間に生まれた女子
 【令和6年度】平成9年4月2日から平成20年4月1日までの間に生まれた女子

キャッチアップ接種の期間

 令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間

特例での償還払い対応について

 積極的な接種勧奨の差控えにより、定期接種の機会を逃した平成9年4月2日から平成 17 年4月1日までの間に生まれた女子であって、定期接種の対象年齢を過ぎてヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種を受けた方に、その費用の全部又は一部を助成します。

助成の対象者

以下の⑴から⑸までをすべて満たす者

⑴ 平成9年4月2日から平成 17 年4月1日までの間に生まれた女子
⑵ 令和4年4月1日時点で、町の住民基本台帳に記録されている者
⑶  16 歳となる日の属する年度の末日までに HPV ワクチン の 定期接種において3回の接種を完了していない者
⑷  17 歳となる日の属する年度の初日から令和3年度の末日までに日本国内の医療機関で組換え沈降2価HPVワクチン又は組換え沈降4価HPVワクチンの任意接種を受け、実費を負担した者
⑸ 助成を受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていない者

助成金額

予防接種を受けた日の属する年度の町が定めるHPVワクチン接種の単価と実際に要した費用の額を比較し、いずれか少ない方の額

必要書類

​⑴ ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種費用助成金交付申請書(様式第1号)様式第1号 [PDFファイル/129KB]
⑵ HPVワクチン予防接種に係る費用を支払ったことが証明できる書類(領収証等) 
⑶ 予防接種済証、接種済みの記載がある予診票等の写し又は接種済の表示のある母子健康手帳の写し
  紛失等で提出できない場合は 、ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種助成事業申請用証明書(様式第2号) の提出で可 様式第2号 [PDFファイル/61KB]
⑷ ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種助成金請求書(様式第5号)様式第5号 [PDFファイル/83KB]
⑸口座振替依頼書(町指定様式) 口座振替依頼書 [PDFファイル/165KB]                  

申請書類の提出先   

伊方町中央保健センター  住所 愛媛県西宇和郡伊方町湊浦866番地

接種後の相談窓口

 ​ワクチン接種後に気になる症状が出た場合は、まず接種を受けた医療機関に相談しましょう。
 厚生労働省では、ワクチン接種後に生じた痛みや運動障害を中心とするさまざまな症状に対して、身近な地域で適切な診療を提供するため、都道府県単位で協力医療機関を選定し、診療体制を整備しています。

 協力医療機関で受診する手順(外部サイト) https://www.pref.ehime.jp/h25500/1194171_1954.html

 

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)