ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 保健福祉課 > 10月から幼児教育・保育の無償化がスタート!

10月から幼児教育・保育の無償化がスタート!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月27日更新

 幼児教育の負担軽減や生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性から幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳の子どもたちと、住民税非課税世帯の0歳から2歳までの子どもたちの利用料が無料になります。

※伊方町では、今回の無償化に合わせて0歳から2歳の保育料についても大幅に軽減します。

幼稚園・保育所・認定こども園を利用する子どもたち

 【対象者・利用料】 

〇 幼稚園・保育所・認定こども園を利用する3歳から5歳までのすべての子どもたちの利用料が無償化されます。

◆無償化の期間は満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間です。
   ※幼稚園については、入園できる時期に合わせて、満3歳(3歳の誕生日)から無償化されます。

◆通園送迎費、給食費(主食費、副食費)、行事費などは、これまでどおり保護者の負担になります。

◆給食費(主食費、副食費)
 ・伊方町立の保育所は、現在、主食は免除、副食費は保育料の中に含まれていますが、無償化後は主食は免除、副食費は保護者負担となり、実費徴収(4,500円)となります。
・年収360万円未満相当世帯(市町村民税所得割額57,700円未満(ひとり親世帯等77,101円未満))の子どもたちとすべての世帯の同時入所第3子以降の子どもたちについては、給食費のなかの副食(おかず・おやつ等)の費用が免除されます。

○ 伊方町独自で0歳から2歳までの子どもたちの保育料も大幅軽減!!

 0歳から2歳までの子どもたちについては、住民税非課税世帯を対象として利用料が無償化されますが、伊方町独自の取り組みとして、子育て世代の経済的負担を少しでも減らすことを目的に、保育料のうち、利用料・主食費部分を無償化とし、負担していただくのは3歳以上と同様の副食費部分の4,500円とします。

 さらに、0歳から2歳までの子どもが2人以上の世帯の負担軽減の観点から、現行制度を継続し、保育所等を利用する最年長の子どもを第1子とカウントして、0歳から2歳までの第2子は半額、第3子は無償となります。

 ・ 10月1日以降の3歳未満の保育料  [PDFファイル/79KB]

【対象となる施設・事業】

〇幼稚園、保育所に加え、地域型保育(注1)、企業主導型保育事業(標準的な利用)も同様に無償化の対象となります。
注1 地域型保育とは、小規模保育、家庭的保育、居宅訪問型保育、事業所内保育を指します。

幼稚園の預かり保育、認可外保育施設等を利用する子どもたち

詳細については、下記のチラシ等からご確認ください。

 ・ 幼児教育・保育の無償化に関するチラシ [PDFファイル/584KB]

 ・ 幼児教育・保育の無償化の主な例 [PDFファイル/417KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る