ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 総合政策課 > 伊方発電所乾式貯蔵施設の設置及び2号機廃止措置計画の了解について

本文

伊方発電所乾式貯蔵施設の設置及び2号機廃止措置計画の了解について

記事ID:0015244 印刷ページ表示

伊方発電所乾式貯蔵施設及び2号機廃止措置計画事前協議への了解について

四国電力から「伊方原子力発電所周辺の安全確保及び環境保全に関する協定書」に基づき、事前了解願いのあった「使用済燃料乾式貯蔵施設の設置に関する事前協議」並びに「伊方発電所2号機の廃止措置に関する事前協議」につきましては、令和2年12月23日に伊方町として了解いたしましたのでお知らせします。
なお、了解にあたっては四国電力に対し、下記の事項を強く要請しております。

「使用済燃料乾式貯蔵施設の設置に関する事前協議」
(1)使用済燃料が発電所内に長期保管される事のないよう、責任を持って計画的な搬出に取り組むこと
(2)施設の運用管理においては、継続的な安全性の確認を怠らないこと
(3)今後も最新の知見や新たな技術を反映し、安全性の向上に取り組んでいくこと
(4)施設設置工事にあたっては、安全を最優先に取り組むとともに、適切な情報公開に努めること
(5)可能な限り、町内の雇用や経済活動の活性化への協力に努めること

「伊方発電所2号機の廃止措置に関する事前協議」

(1)安全を最優先に、着実に取り組むとともに、適切な情報公開に努めること
(2)発生する廃棄物について、現時点で処分先が確定していないという実状を重く受け止め、責任を持って真摯に取り組むこと
(3)最新の知見や技術を反映し、積極的な計画改善を図ること
(4)長期にわたる廃止措置作業を安全に行うため、必要な人材の確保・育成に取り組むこと
(5)可能な限り、町内の雇用や経済活動の活性化への協力に努めること

また、国に対しても、核燃料サイクルの推進と厳正な審査、検査を行う事を要請しております。
了解文書手交