ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 町民課 > 一般廃棄物(ごみ)処理基本計画の見直しについて

一般廃棄物(ごみ)処理基本計画の見直しについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新

一般廃棄物処理計画とは

市町村は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づき、同法の目的である生活環境の保全と公衆衛生の向上を図りつつ、一般廃棄物の適正な処理を行うため、当該市町村の区域内の一般廃棄物処理に関する計画(以下「一般廃棄物処理計画」という。)を定めなければなりません。

伊方町一般廃棄物(ごみ)処理基本計画

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第6条の規定に基づき、前回(平成23年2月)の基本計画改定から5年が経過し、国の各種計画の改訂やごみ処理技術の進歩、また、環境に対する町民意識の向上など、社会情勢も変化しているため今回(平成28年2月)、伊方町一般廃棄物(ごみ)処理基本計画の改定を行いました。本計画の改定にあたっては、現状に合わせた将来におけるごみ排出量の推計を行い、新たな基本理念及び目標等を設定しました。

内容

基本計画の内容について

計画期間

平成18年度から平成32年度
目標年度平成32年度
基本方針

1.基本法をはじめ、廃棄物処理法など諸法の趣旨の周知徹底を図ります。

2.町民、事業者、行政の協働による循環型社会づくりの形成を図ります。

3.資源の有効利用促進及びリサイクルに積極的に取り組み、ごみの減量化及び資源化を推進します。

目標

・平成32年度に平成26年度比で総排出量の約9.0%の減量を目指します。

・平成32年度にリサイクル率22.0%を目指します。

ダウンロード

・一般廃棄物(ごみ)処理基本計画(平成28年2月) [PDFファイル/2.72MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る