ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 移住定住ポータルサイト > 【募集】伊方町で農業しよう!!地域おこし協力隊募集(農業振興)

【募集】伊方町で農業しよう!!地域おこし協力隊募集(農業振興)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月6日更新

伊方町で農業をしよう!! 地域おこし協力隊3名募集中

 伊方町は愛媛県の西端に位置する人口1万人弱の町です。基幹産業のひとつである農業は、就業者の高齢化・担い手不足により耕作面積は減少する反面、耕作放棄地が増加しており、産地としては非常に厳しい状況です。これまでにも、農協や町が多様な支援策を進めてきましたが、根本的な打開策に繋がっていないのが現状です。
 このような状況の中で、伊方町で農業に挑戦し、新しい風を起こす「地域おこし協力隊員」のみなさんを募集します。
 伊方町が抱えている問題に対し、農家のみなさんと一緒に考え活動を行い、時には外部目線のアイデアを取り入れた企画や運営等により、町の活性化を共に進めていきましょう。

mikan

1 募集人員

地域おこし協力隊員 3名 

2 主な業務(活動内容)

(1)地域にマッチした農業振興策の推進

  ○旧町単位で異なる栽培品種や地域特性を活かした農業振興策の提案及び推進 

(2)担い手及び繁忙期の労働力確保(西宇和みかん支援隊との連携含む)

  ○首都圏等の農業就業希望者の誘致及び受入チームの編成と調整

  ○10~3月の収穫時のアルバイターの確保及び受入農家との調整

(3)農業者の意識改革を進める農村塾の企画・運営

  ○農業者自らが産地活性化の方法を提案・推進することを学ぶ場の設立及び運営

  ○学びの実践

(4)6次産業化の推進

  ○集客力のある6次産品の開発検討・支援

(5)既存農業関連施設(瀬戸農業公園、瀬戸アグリトピア)の有効活用

  ○瀬戸農業公園(道の駅)と瀬戸アグリトピア(集団宿泊施設)の有効活用による交流人口の拡大

(6)専門知識・技術習得

  ○実証圃及び研修での果樹経営の知識・技術の習得

(7)有害鳥獣対策(捕獲と防御等)

  ○イノシシやタヌキ、ハクビシン等の有害鳥獣から農作物を効率的に守る手段の検討、推進

(8)情報発信  

  ○具体的な取り組みをホームページやSNS等を活用しての発信

※経験や関心に基づき、適性のある業務に主に従事していただきます。

3 申込受付期間

  平成29年7月1日から平成29年7月31日

  ※郵送もしくはメールで受け付けます。

4 応募に必要な書類

   応募用紙、履歴書、レポート

5 申し込み・問い合わせ先

   〒796-0301  愛媛県西宇和郡伊方町湊浦1993番地1
   伊方町役場 産業課 農業支援センター
   電話 0894-38-0211(代表) 電話 0894-38-2658(直通)
   FAX 0894-38-1063
   E-mail ikata@town.ikata.ehime.jp

※詳細は添付の募集要項をご覧ください。

募集要項(農業振興) [PDFファイル/209KB]

応募用紙(農業振興) [Wordファイル/25KB]

地域おこし協力隊とは(JOIN ニッポン移住・交流ナビ)<外部リンク>

このページの先頭へ